スポンサーリンク

お正月にも使える「おもちつきの仕掛けシアター」保育教材素材を無料でダウンロード

冬の教材
スポンサーリンク

今回は、お正月にも使える「お餅つきの仕掛けシアター」をご紹介していこうと思います。

皆さんの園ではお餅つき行事はありますか?

子どもたちにとってはとても楽しみな行事の一つだと思いますが

このご時世ですので、中止になってしまったりする園もあるかもしれません。

実際に体験できない子にも

楽しさが感じられるシアターを作ってみました!

「お正月のおもちつき」のわらべうたに合わせて演じてみても楽しいと思います!

 

【今月おすすめのエプロン】

 

 

スポンサーリンク

「お正月のおもちつき」歌詞

おしょうがつのおもちつき

トーン トーン トッテッタ

トーン トーン トッテッタ

トッテ トッテ トッテッタ

おっこねた おっこねた

おっこね おっこね おっこねた

トッツイタ トッツイタ

トッツイ トッツイ トッツイタ

シャーン シャーン シャンシャンシャン

シャーン シャーン シャンシャンシャン

トッテ トッテ トッテッタ

必要な材料

  • 最下部より印刷したイラスト1枚
  • 割りピン1つ
  • 白い紙(画用紙等厚めのもの)
  • カッター
  • はさみ

印刷したイラストは ラミネートしてあると丈夫です。

私が使用しているラミネーターはこちら

ラミネーターもラミネートフィルムもアイリスオーヤマのものを使っております。

ラミネーターは立ち上がりに少し時間がかかりますが、

安価で、ワイヤートレーも付いており、

万が一詰まったときにもフリーレバーが付いているので、簡単に取り出せ、安全です。

使用しているうちにラミネーターの癖もわかってきます。

様々なメーカーの口コミを見ると、立ち上がり時間以外、使用感は同じように私は感じたので、

価格重視の方にはおすすめです。

購入を検討している方の参考にしていただければと思います(^^)

 

作り方

 

最下部よりダウンロードしたイラストを印刷します。

手と、杵をカットします。

残りの部分と先ほどカットした杵と手をラミネートかけます。

写真のように元通りに並べるとA4サイズ一枚でラミネートすることが出来ます。

腕や杵の位置を合わせて、

腕の先に割りピンをつけ、稼働できるようにします。

お餅と黒いラインの間に、写真のように切り込みを入れます。(赤いライン)

白い厚めの紙を、お餅が伸びたような形に切ります。

お餅の上部を杵の裏側にテープで貼り、

下側を切り込みに入れ込めば完成です!!

裏側のお餅の下部分を上げたり下げたりすると

お餅をついているように演じることができますよ。

今回は印刷が一回で済むようにイラストを仕上げました。ハサミで切る時に、余白部分が残るように、バランスよく考えてカットしてください。
 

まとめ

今回は、お餅つきのシアターをご紹介しました。

お餅つきは一般的には12/25~28日に行うようですが、園の行事としては、

年明けに行うところも多いと思います。

そもそも、餅つきは、お正月に向けた準備として行われ、

餅つきをして作った鏡餅を神様にお供えして、感謝をしながら頂くことで、

新しい命や、力を授かると考えられていたそうです。

由来等も交えながらぜひ、このシアターを使ってお餅つきの楽しさを伝えてみて下さい。

それでは(^^)/

イラストご使用前の注意点

全てのイラストの著作権はpsan55が所有しています。

イラストを使用し、ヤフオク・メルカリ・ハンドメイドサイト等への販売は禁止しております。

詳しくはご利用規約をご覧ください。

なお、上記の違法行為を行った場合は、法的措置を取らせて頂く場合がございます。

イラストをご使用した二次創作物を、SNS等のWeb媒体にのせる際は、リンクを貼ってご紹介いただけると嬉しいです(*^-^*)

また、当ブログのオリジナル作品の模倣品をあたかも自分が考えたかのようにSNSに載せる迷惑行為はご遠慮下さい。

イラストダウンロードはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました